第6回講座 子供ワークショップを考える

d0134082_24040.jpg
2月3日、大雪。横浜での積雪は6cmという本日、
集まった生徒は10名。
それでも、教室があったかいということだけで
嬉しくなる私たち。(笑)

今回は、きのうに引き続き「子供ワークショップを考える」
が講座のテーマです。
さっそく、見学してきた学童保育施設の感想を
みんなで出し合いました。

施設は子供たちにとっては自分たちの城。
そこでは子供たちの中で守られている純然たるルールが
存在している。私たちが割り込んでいって、
コントロールすることはできない。

ただ子供の心を大切にして
木もれ陽をアピールするだけ。

実際に子供ワークショップの会場となるだけに
これらの現状の把握と分析は避けて通れません。

では、実際にどういう風にすれば子供たちが
木もれ陽のワークショップに
興味を持って参加してくれるようになるのか、
各班に分かれてブレストすることに。

d0134082_242879.jpg
いろんな意見が出る中、木村さんが「採用!」と
判を押したアイデアのひとつに
「ダンボールの家」がありました。

木漏れ日を見るには、暗い場所が必要。
でも部屋の電気を消しちゃうと
マンガを読みたい子供や、絵を描きたい子供たちの
自由を奪うことになるかも。

なら、暗い部屋を作っちゃえばいいんだ!
わざわざ中に入るっていうのも、
秘密みたいで子供の興味を惹けるかもしれない。
と、ブレストならではの流れでどんどんアイデアが
展開してダンボールで家を作りたいという意見に
たどり着きました。

誰でも扱えるダンボールという素材を使い、
基地から作るということで
ワークショップへの導入が可能という木村さん。

昨日の講座でNPO法人 芸術家と子供たちの宮浦さんが
教えてくださった 以下の流れにも
当てはまっているのでしょうか。

【子供たちをイベントに引き込むためには】

・入り口はキャッチーに
・ウオーミングアップ
・ハードルは少しずつ上げる
・驚きを仕掛ける


それにしても...
2月16日が子供ワークショップ本番。
翌日17日は「木もれ陽プロジェクト」の最終の詰め。
そして、翌月3月1日はリハーサル、2日は本番、って
かなりのハードスケジュールなんですけど!

焦りの色が濃くなりつつも、どんどんイベントが
形になっていくプロセスの真っ只中にいるだけに
いよいよテンションも上がらざるを
得なくなって参りました!


筆者 樋口
[PR]
by komorebipj | 2008-02-04 12:48 | 進んでます!講座日記